KlickOwnは新しいトークン化プラットフォームでNetfondsと提携しています

今週、ハンブルクを拠点とするテックスタートアップのKlickOwnは、主要な金融プラットフォームであるNetfondsAGとの戦略的パートナーシップの形成を発表しました。この操作は、ブロックチェーンベースの管理およびマーケティングのトークン化された不動産プラットフォームを立ち上げるためのより大きな計画の一部です。ニュースは、EU市場でのさらなるトークン化を示しています.

KlickOwnプラットフォーム

更新されたKlickOwnトークン化不動産プラットフォームにより、投資家と不動産所有者はブロックチェーンを介してビジネスを行うことができます。そのため、プラットフォームは、プロパティのトークン化、セキュリティトークンの発行、およびこれらの金融商品の管理と取引を可能にします。.

重要なマイルストーン

パートナーシップについて話すと、KlickOwnの創設者兼CEOのAlexander Brauneは、この動きを市場における重要なマイルストーンと呼びました。さらに、彼は、パートナーシップがどのように会社を不動産への設備投資を民主化するという全体的な目標に近づけるかについて説明しました。彼はまた、Netfondsが持つ長年の経験と、この経験がKlickOwns戦略とどのように一致するかについても触れました。.

ステラブロックチェーン

興味深いことに、このプロジェクトは、 ステラルーメン ブロックチェーン。 Stellarは、オープンソースの分散型支払いプロトコルであり、通貨の任意のペア間での高速な国境を越えた取引を可能にします。さらに、第4世代のブロックチェーンとして、Stellarは高度なスマートコントラクトプログラミング機能を提供します.

Stellarブロックチェーンを利用するという決定は、KlickOwnプラットフォームを多くの新しい機能に開放します。一つには、それは非常に低い取引コストを提供します。最も重要なことは、Stellarは分散型であり、一般的な利益を生み出す戦略とは対照的に、利他的な目標を持つ非営利企業です。

セキュリティと効率の向上– KlickOwn

操縦についても話し合う, ウラジミールフーバー, KlickOwnの創設者兼取締役は、Netfondsとの彼の会社の協力を称賛しました。重要なことに、彼は少し時間を取って新製品と、トークン化がプラットフォームにもたらすいくつかの利点について説明しました。彼は、ユーザーは従来の債券と同じ利点を得るが、これらのトランザクションに通常関連するすべての追加コストなしで得られると説明しました。具体的には、新しいシステムにより、グローバル証明書や高額な銀行預金が不要になります。.

KlickOwn創設者WladimirHuber

KlickOwn創設者WladimirHuber

Netfonds

その一部として、Netfondsは規制サービスプロバイダーとしての専門知識を提供します。そのため、会社は、責任の傘の規制機能、およびブロックチェーンで管理される債券の構造化と承認を処理します。最後に、会社はデジタル資産管理フェーズも担当します。このタスクを達成するために、両社はNSI Netfonds Structured InvestmentsGmbHと緊密に協力することを計画しています。特に、NSI Netfonds Structured InvestmentsGmbHはNetfondsAGの子会社です。.

直営

最近のインタビューで、NetfondsAGのCEOであるPeerReicheltがプロジェクトの可能性について話しました。彼は、新しいプラットフォームが不動産投資の直接管理と仲介を可能にすることを説明しました。さらに、彼は新しいプラットフォームがNetfondsの不動産部門の位置付けをどのように強化するかについて話しました。具体的には、Reicheltは、新しいプラットフォームが同社の不動産販売部門を拡大し、新しいデジタルビジネスモデルの基盤を築くと信じています。.

KlickOwnトークン化不動産STOへの参加を検討している投資家は、会社のWebサイトに直接アクセスすることで参加できます。ここでは、必要な登録情報を入力するだけで、デジタル不動産債を簡単に購入できます。特に、最低投資額はわずか10ユーロです。さらに、このプラットフォームは、従来のSEPA銀行振込の使用など、新しいトークン化された債券の支払いにさまざまな方法を提供します。.

エントリーバーを下げる– KlickOwn

KlickOwnのコンセプトの最も重要な側面の1つは、誰もが不動産投資を利用できるようにしたいという願望です。プラットフォームの最小投資レベルはわずか10ユーロで、この夢を実現します。このように、国際的な投資家は、最小限の資金調達の障壁を心配することなく、ドイツの不動産市場に簡単に参加することができます.

Peer Reichelt-NetfondsAGのCEO

Peer Reichelt – NetfondsAGのCEO

以前は、投資家は国際的な不動産販売に参加するために多額の資金を提供する必要がありました。ほとんどの場合、これらの独占投資は認定投資家のみが利用できました。認定投資家とは、流動資産が少なくとも100万ドルある人のことです。残念ながら、この戦略は投資家と不動産所有者の両方を苦しめました.

一つには、ほとんどの投資家は参加するための資金が不足していた。その結果、これらの投資家は参加するために他の場所に行く必要がありました。多くの場合、彼らはあまり望ましくなく、よりリスクの高いベンチャーに投資することを余儀なくされました。同時に、不動産所有者は、必要な最低要件を満たしていないため、資金調達を拒否することがよくありました。幸いなことに、KlickOwnのプラットフォームはこれらの問題をすべて排除します.

KlickOwn on the Future

プラットフォームは現在、ドイツでトークン化されたプロパティのみを提供しています。今後数か月以内に、同社は他のEU市場に拡大する可能性があります。現在、投資家は参加に対して固定金利の支払いを受け取ります。会社の文書によると、同社は、不動産プロジェクトごとに、対応するBaFin規制のセキュリティトークンを備えた個別のデジタル不動産債券を提供する予定です。.

Netfonds

Netfondsは、ドイツの金融業界に管理、アドバイス、トランザクション処理、規制を提供します。同社は、金融業界のユーザーがEUの証券規制に準拠しながら、金融市場の取引を完全かつ安全に処理できるようにするWebベースのテクノロジープラットフォームを利用しています。同社の顧客には、ファンド会社、資産運用会社、ファイナンシャルアドバイザー、特別銀行、保険会社が含まれます。.

トークン化は嵐によって不動産市場を取ります

このニュースは、不動産ファンドをトークン化する企業の長いリストの最新のものです。ちょうど今週、RedSwanはトークン化の巨人であるPolymathと提携しました。このペアは、最初のベンチャーの一環として、22億ドルの資産をトークン化することに成功しました。毎日、より多くのトークン化プラットフォームが不動産セクターに参入しています.

過去には、これらのプロジェクトの多くは、事務処理や資金調達の問題のために道に迷いました。現在、不動産会社は初めて、トークン化プラットフォームと提携して、自社の製品と市場アプローチが不動産セクターに合わせて調整されていることを確認しています。その結果、今後数週間で一般に公開されるトークン化されたプロパティの流入があります.

今のところ、KlickOwnは他のEU市場で飛躍的なスタートを切っているようです。同社は製品とマーケティングを拡大し続けているため、このリードを活用することが期待できます。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
Our Socials
Facebooktwitter
Promo
banner
Promo
banner